So-net無料ブログ作成

自然をとおくはなれて [読書]

  2013年、これまで生活していたのとはまるで違う展開を感じる年になりました。これまで経験しなかったような新しい時代がはじまっている印象です。今年の異常な気象、水害、原発の事故から始まった汚染水の流失の問題、国際的な問題、シリアやイラクを巡る緊張、アジアの問題の緊張。それは昔のままに、かって生活していたような暮ら方は通用しないよといわれているようでもあります。

 しかし私は自分があまりに遠く自然から離れているのを感じていました。もっと素朴に自然に暮らしたいと思っているのに、複雑に、自分が大切にしたいこと、生きることの原点、シンプルな羅針盤のようなものから離れて生きざるをえない、そんな日常を感じていました。そんなとき姜尚中さんの悩む力という本の中でこうした問題について考えているところに出会いました。

 唯脳論的世界という章で、十八世紀のカントのころまでの真、善、美とかかわる理想的な全人格的な知性のイメージが科学や合理化の進展とともに分裂を始め、次第に人々は科学の中に至高の客観性を見出していったこと、それによってかって世界に意味を与えていた伝統や俗信、宗教や形而上学は非科学的として、どんどん科学の世界から駆逐されていったことなどが説明されています。そして今という時代はどういう社会か。

 姜尚中さんはこんなふうに言っています。

 私たちの社会は、今すべての境界が抜け落ちたような状態になっていて、そこに膨大な情報が漂っている。人間の脳は際限なく、放置しておくと限りなく広がって、得手勝手にボーダーレスな世界を作り出している。 しかし、現実の肉体や感覚には限界があり、だから、反対に自分の世界を広げるのではなく、適度な形で限定していく。その場合でも、世界を閉じるのではなく、開きつつ、自分の身の丈にあわせてサイズを限定していく。そういうあり方があってもよいのではないか、わたしがまったく同じように感じたのはこの部分でした。

 身の丈に合う、自分の良心のようなものを生かせる調和ある限界を求めて行きたいと思います。


ひと区切りにあたって。

   自問自答を書くことで、疑問を整理したい気持ちと自分以外の人はどう考えているのだろうとそんな気持ちからブログをはじめました。六年ちかく、こんなにながく続けるつもりではありませんでした。自問自答の中心にあったのは自分が何を望んで、その望みを実現するためにどうすればよいのかをはっきりさせるためでした。何を望んでいるかは比較的はやくはっきりしてきたように思います。それではその希望に近つくために何をすればよいのか、どうすればそうなるのかとなると答えは簡単には見つかりません。気がついたことは人間は主観的で、自分が見たいように見、考えたいように考えていて、そういう自分をなくして事実に即してことわりに気つくこと、自分の希望をしっかり理解することと理に気つくこと、その両方が大切なのだと思うようになりました。

 人の努力にもかかわらず、困難も将来への不安も減ってはいないように思います。しかし人間がつくりだしている困難は解決の方法があるとわたしは思います。原因を知り、悪い結果をもたらさないような努力を日々重ねれば。難しいのは原因をつかむことではないかと思います。

 もし、誰もが存在を認め認められ、お互いの幸福を尊重し、お互いの幸せのために何かができる社会だったら、人は堕落するでしょうか。それとも命の火をさらに高みにむかって創造的に燃やすでしょうか。今回の甚大な自然災害、原発事故後これからを予感させるような新しい動きがあちこちで見えているように思います。人間はより幸福になり、より円満に、困難には辛抱強くなるのではないか。それでも自然の災害は時に襲い、人が病にかかることも、老化することも避けられないでしょうが、それは自然の理というものだろうと思います。

 おばあちゃんになって突然未来が目の前にやってきた、そんな思いがしています。

 A.S.ニイルの本をさらに読んでみようと思っています。ニイルについて研究したり、よく御存じの方いろいろ教えていただけたら嬉しいです。メイルの仕方を勉強します。

1.5×4からはここでひとまず区切りをつけ、しばらく更新をお休みしようと思います。(本当はこれ、もう前に一度公表しているのですが書き直しました)。勝手気ままに書いてきた拙いブログにもかかわらず、訪問くださいました皆様、ナイスをくださいました皆様、心からお礼をもうしあげます。これから読者として皆様のブログにお邪魔させていただこうと思っています。


2011-08-08 [日々のくらしから 家族、社会、自問]

 DSCF1586.JPG

 DSCF1580 (2).jpgこのところ、更新をすっかりサボり気味です。今日は暑さが戻って、湿度も高いので、快適とはいきませんでした。でも時々開け放した窓から涼しい風がはいってきます。

ちょっとうれしかったニュースから。最近大腸がんの内視鏡検査を受けたのですが、問題はありませんでした。七、八割怪しいと思っていたので。「たぶん過敏性大腸でしょう。心配ないということを証明するために、検査しましょう」と。一度何十年かまえに受けたことがあり、二度と受けたくないと思っていたので、キャンセルしようか悩んだ末、やっぱりゴメンですね。まあ結果はよかったので、命がのびた思いです。

このところ、本多勝一編の「子どもたちの復讐」上下とさらに関連して「こどもがなぜ親を殺すのか」(菊池良輔著)などを続けて読んでいました。ちょっと重すぎる問題なのですが。これらの本が出たのは1979年から198O年代で、いまからはかなり前です。が、どうしてももう一度しっかり読み直してみたいと思いました。やはりこの本が検証している問題は特殊ではなく、今も象徴的な問題で、形や質的にも様々に変わってはいても、次の時代を考えるうえで重要な意味をもっていると思いました。

たぶん知っていらっしゃる方が多いと思いますが、「子供たちの復讐」は激しい家庭内暴力の末に開成高校生Aが父によって殺され、続いて母が自殺した事件、もう一つは祖父と父がともに学者という家庭で、当時有名私立高一年生だった少年Bが祖母を殺害し、そのあと遺書を残して自分もビルからとびおりて自殺した事件をあつかっています。

もう一度読み直してみて、とくに上巻「開成高校生殺人事件」は初めて読んだくらいに新たらしく知ったこと、考えたこと、思いを新たにしたことがありました。

祖母を殺し、自分も自殺した高校生は遺書のなかで、家族にすさまじい乱暴を働いたあの開成高校生の気持ちがよくわかる、彼は私と全く同じ気持ちだったのだと書いているのですが、二人に共通する、言語で表現することのできないやり場のない怒り、ありきたりの進学問題にとられてしまう無念さと表現した感情の背後にある問題とはなにかについて考えさせられました。到底あってはならない行為、事件に発展してしまった裏側に、彼らが求めていた父性に出会えなかった、あるいはずれていたという不幸、そして新しい自画像を作ることも、新しい価値観も見つけられなかった不幸(医者やカウンセラー、学校、広くは社会もふくめて)があったのではないかと特に開成高校生の事件では強く感じました。

父性について河合隼雄さんが次のような指摘をしています。欧米では「父なる神」を背後に持っているからこそ核家族が可能なのですね。そういう父なる神というものに、小さい時から鍛えられて戒律を守り、神の教えに従う人間として成人するから、結婚して子供を産んで一つの家をつくってもやっていける。現在の日本人は、まだまだ母性原理を温存していて、男も女も核家族を作るような人間としての鍛え方をされていないのが実情です。人間が鍛えられる前に経済的に核家族が可能になってしまった。だから本当の意味の父も母もいないような家がいっぱいある。本当の母とか父とか求めてもいないということになると。

A少年、B少年がぶつかってもがいて苦しんだ壁、新しい自画像を作れなかった原因はなんだろうかと考えました。痩せ細った教育力、自然や血縁、地縁社会の崩壊とともに剥き出しの個人が一人一人で、アイデンティティを揺さぶられているように思えます。それは少年だけでなく、少年の父や母にとっても、そしてわたしにとっても同じ問題だと思えました。課題ははっきりしたように思えます。若い人たちの動きをみるとすでにものさし一本の価値観から抜け出している人も多いのかもしれないと思うことがあります。それは一部の人かもしれませんが。あまり恐れずに一歩、一歩を歩むことかもしれないと思いました。


あさがおが咲きました。 [日々の暮らしから]

 朝顔 006.jpg

 数年前、見事に咲いていた天上の青という種類の朝顔が咲きました。すがすがしいブルーです。


戦後から、、60年。 [日々のくらしから 家族、社会、自問]

  きょうもムシムシとあついっですね。終戦のとき、わたしは5歳でした。田舎だったこともあって、直接の戦争の記憶はあまりないのですが、南西の空が夕方から真っ赤になるのがよくみえました。家の人たちは今日も東京が空襲で燃えているとはなしていました。戦後六十年はほぼ私のこれまでの人生。当時からすると随分遠くに来たなぁと思います。その移り変わりを思うと、六十年前は想像さえ出来なかったすごい変化なのですが、当時とはまた違った困難や危機があり、戦争の不安、核兵器の脅威はあいかわらずだということを考えると、人間は平和や幸福に向かって進歩しているのかしらと考えてしまいます。

 ミュンヘンという映画を二度みました。二度見て印象がさらにはっきりしました。とても考えさせられる映画でした。ここでえがかれていることは今の世界、人間の現実です。お互いの苦悩や悲しみを知ることからしか、凍りついた憎悪、相手への批判から自分を解放することは出来ないのかもしれません。恐怖や暴力は理解の努力を閉ざし、更なる恐怖と暴力を拡大再生産するのではないかと思います。多くの不幸は誤解から生まれるとロマン・ローランは書いていました。その言葉を思い出しながら、あらためてそのとおりだなと思います。家族でさえ、理解がむずかしいのですから、他人や違う国になればなおのこと。理性と愛と理解の努力にくらべ、不安や怒りや悲しみ、物欲支配権力欲などのほうが強い力をもつのかもしれませんが、そこには破滅しかないのは確かだと思います。とすれば、理性と理解と愛の努力を続けるいがいにないのだと思いました。

 先日のパーティの写真、思ったよりはやく届きました。

 IMG_7581.JPG


一枚の写真 [日々のくらしから 家族、社会、自問]

 はじめてみる写真だった。死んだ妹を背中に背負い紐でしっかり負ぶった少年の写真。この写真は先日、NHKの「封印が解かれた写真がかたるNAGASAKI]で公開された映像である。衝撃的な写真だ。これからずっと忘れられない写真だろう。そして忘れてはならない写真だと思った。
 米軍の報道カメラマンが被爆後の長崎を軍の命令で撮影するため長崎に入り、そこで目にしたものである。原爆がもたらした残酷な姿をアメリカは公表しなかった。この写真も撮影者の苦悩と共に長く、屋根裏部屋に封印されていたものだった。
 この5,6歳と思われる少年は広島、長崎にたくさんいたろうと思われる同じような少年というだけでなく、現在も世界のあちこちにいる一部の子どもの姿でもあり、将来の子を背負う母、兄弟の姿かもしれない。核兵器は何時発射されてもいいように保管されている。
 核の脅威にさらされているいま、この写真の少年のような運命がどこの国、土地であれこれから生まれたら、わたしたちは生きていくことができない。核兵器は人間と地球にとって悪魔の兵器、困難があってもすべて廃棄する事を真剣にかんがえなければならないと思った。
 今日は長崎に原爆が投下された日である。

愛と愛好はちがう [読書]

 愛という言葉は結構広い意味でつかわれていて、ふつうにつかう好き、嫌いのような感情での愛情と好きや嫌いを超えた、関心とか相手を思うとかいう意味まであるように思います。自由の教育者ニイルは愛好と愛の違いを著作の中で愛は関心であるといっています。バスカリアの「愛するということ、愛されるということ』の中でも、本能に頼ることも深い愛に頼ることもできない、人間のかかわりについて研究に研究を重ねた技術が必要であると書かれた箇所をみつけました。
 愛好と愛の意味をもっと分けて考えてみることも大切なのではないかと思います。
 愛は存在するものへの関心、事実の直視であり、受容かもと思います。一方で、誰でも好悪や良し悪しとか美醜とかの選択をしているから、区分けや選別をしていることは避けられない。
 愛好の本能や深い愛をこえて、事実の直視、fifty、fifty の存在への愛、救いまでどうつなげるのか、政治にも個人にもこれからの課題なのかもと思いました。


今年最初に読んだ本 [読書]


 今年最初に読んだ本。何年か前、本屋で見つけた本です。
 書名は「愛するということ、愛されるということ」(レオ・バスカリア著、草柳大蔵訳)
 読み進むうちに思い惑う気持ちに筋道や勇気さえ与えてくれる本だと思いました。
 
 その本のなかから
 ーーー地球にいる人間が月にいる人間と話ができるような通信システムが開発された。それなのに母親は娘と語り合うことが出来ない。父親は息子と、黒人は白人と、そして労働者は経営者と語り合うことができない。

 著者は人と関わることがますます下手になっている現代人に愛や人間関係はなるようにしかならないのではなく、研究に研究をかさねてあみだされた高度な技術が必要だといいます。 
 ーーー人を愛するのはたやすいことではなく、泳ぎ方を知らずに海に飛び込むことをしないと同じように、人との関わりや愛においても高度な技術が必要である。

 ここで言う技術は手練手管のことではもちろんありません。
 ーーー孤独から抜け出し、たがいに愛しあうことが出来るかどうかは、ひとえに自分自身にかかっている。
 ーーー本能や深い愛に頼ることはできない。人間関係とはどういうものかを真剣に考えることいがいに方法はない。

 この言葉、とても考えさせられました。
 私にとっての課題。そんなことを考えさせてくれた本です。 


ふうせんかずら夏休み中日記 [日々の暮らしから]

 風船かずら夏休み中日記

 七月二十六日
 梅雨明け宣言はまだらしいけれど、今日も暑い。省エネを実行中。で、扇風機もエアコンもまだつかっていない。暑いけれど我慢できないわけじゃないもの。ノースリーブで頑張っています。
 実は翌日、ずっと頭痛。日射病だったのかも。

 機械語はむずかしい!!

 せっかく書いた日記を消してしまった。まだまだダ―ーーッ。
 マニュアルと首っ引きで、夏休み中に勉強しようかなー。コピー機も予約してあるものを取り消す方法がわからないので、ずっと使えないでいます。>_<
 
 憂鬱
 
 夏はスポーツの季節。
相撲、野球、サッカー。毎日、テレビ中継されない日はないから、スポーツ好きにとっては楽しい季節?
 でもわたしはこの季節一寸憂鬱。
 わたしは音がないほうがいい。スポーツ中継のにぎやかな音はニュースで充分なわたしには騒音だ。そこで棲み分けを考えたのでしたが、夫も居間がいいらしい。唯一のフローリングになっているダイニングキッチンは家事をしながら、ストレッチしたり、ビデオを見たり、本を読んだりするわたしの拠点。かち合った時、どちらが優先権を持つか、一週間で同数にするっていうのはどうかしら。

 七月二十九日
  
 消えた夢

 木漏れ日がさしこむ緑陰の喫茶室。そこはちいさな図書室でもある。図書室が目的なのか、喫茶室がメインなのかはっきりとはしない。どちらがかけてもならないのだ。
  おきにいりのコーヒーカップにコーヒーをそそいているのはわたし。
 小さな図書室のあるコーヒー店をひらけたらいいなー。夢は四十代ころから、長い間、心の中に消えなかったが、あるとき、そんな夢を夫に話してっみると。自分を何様だと思っているんだと呆れ顔だった。
 そして夢は夢のまま、終わった。働いていたころにすこしずつ買っていた本もスペースがないので、何回か整理して、古本屋に運んだ。もう自分で読むことはないだろうと思うものでも手放すのは思い切りがわるく。が、ごみになるよりせめて古本として誰かの目にとまったらと運んだ。
 新しく営業を始めた古本屋では、ダンボールに五、六箱あったが、新刊ではないのでと数百円だった。
 夢の図書室は「現実」に姿をかえて、家のあちこちに残した本をよむのはわたしひとり。視力が弱くなって、本をよむスピードもまるで落ちてしまったが、今になって読みたいと思うものは少なくならない。

 Y子さん、お久しぶりです。

 選挙が済みましたね。少し、驚きでした。これほど、与党が数を減らすとは思わなかったので。
 あなたは怒っていましたよね。私も怒っていましたが。そういう怒りがやはり結果に出たということなのかもしれませんね。
 言葉のむなしさをずっと感じていました。信頼、改革、美しい国、百年の安心。中身のない空虚な言葉が飛び交っていると思いました。
 戦後体制の打破、改革を一貫して推し進めるとしてきた、小泉さん以来の与党。いちばん変わらない古い体制のまま進んできたのでは?

 よく検証する必要があると有権者は意識しはじめているということかもしれませんね。そう意識し始めていることが新しい風となって動きが見られたように思います。新しい政治の風は、ともかく古い義理や人情、しがらみからねけだして、深刻化する現実の問題解決を真剣にかんがえる力となるかもしれませんね。信じるという言葉はそれだけでは危うい、軽いものだと思います。疑うこと、事実を直視することを抜きに信頼はないように思います。 選挙で国政を託された民主党、責任は重いと思います。政治への信頼を育てられるように頑張って欲しいですね。


2007-07-16 [日々の暮らしから]

                          

  Y子さん、メールを二通うけとりました。ありがとうございました。
 365日、精一杯の自分でいることが、苦手、自分の穴の中で、六分くらいの気分次第の生活をしているので、ダンスの発表は特別なハレの日。祝祭みたいに頑張る日です。
 いよいよ今度の日曜日です。ところで、ダイエットのほうはどうなったかですって。
 やっと4キロ減量のところまできました。あと1キロ減量すると、わたしが目標としている体重なのですが、朝と夜、体重計に乗っているのですが、針はおなじところから動かないのですヨ。
 あと一週間で、目標達成とゆきたいのですが。
 安保徹先生の本『病気は自分で治す」を読んで目から鱗が落ちたと思うところがありました。体の働き、その成り立ちの基本のことがよくわかったので、また体ばかりでなく、生活全般、生き方にまで関係することがよくわかりました。自分とよく向き合って、バランスをとりながら、できるだけ前向きにを心がけたいと考えています。
 今、やりたいことのどれもが、(緊急の第一は家の中の再整理)もう少し、時間をとって集中しないとかたつかないことばかりになっているので、ブログを一月くらい休もうと思っています。
 英気を養って、夏休み明けにまたお目にかかりたいと思います。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。