So-net無料ブログ作成
検索選択

大人になることのむずかしさを読んで  3 [読書]

 なぜ現代モラルハーザードともいわれるようなことが進行するのでしょう。ニュースを見るのが怖いし、暗い気持ちにもなったりします。しかし、暗い気持ちにばかりなっているわけにはいきません。未来はもっと明るい希望のあるものでなければならないと思います。未来の彼らが平和のうちに力強く生きていけることを願わずにいられません。

 話を「大人になることのむずかしさについて」の感想に戻そうと思います。

 この書物のなかで河合さんは厳密に言えば大人といっても日本的大人なのか西洋人的大人なのかという問いが成立するほどこの問題は難しいということを言われています。日本人の自我の形成と西洋での自我の形成にはちがいがあるからで、日本人がその自我を作り上げていく過程で、西洋人とは異なり、はっきりと自分を屹立しうる形で作り上げるのではなく、むしろ自分を他の存在のなかに隠し、他を受け入れつつ、なおかつ、自分の存在をなくしてしまわないという複雑な過程を経てこなければならない。しかし、それが、他にたいする配慮のあまりに常に他の人はどう考えているのか、他の人に笑われないようにしようということが強くなりすぎて、西洋人からは「自我がない」というようなことになってしまいかねない。しかし両者のあり方は一長一短であり、軽々しく判断を下すべきではないと筆者は考えていると述べていらっしゃいます。大人になるということの中には絶えず自分としての自己の在り方と相手との関係ということがあるわけで、西洋人の他と切り離して個として確立しており、自分の存在を他に対して主張していく西洋流も行きつまりが見えてきて、今最も大切なことは従うべきモデルがないということを、はっきり認識することではないかという河合さんの指摘は迷い悩み苦しんでいる若者にとっても大人にとっても考えるうえで重要だと思いました。そこから自分たちの課題、やるべきことが見えてくるのかと思います。

 日本人的な自分のつくり方にしろ、西洋人的な自我の形成にしろこれからの時代がすべての人間の尊厳が守られ、平和の裡に自分を成長させながら、自己実現が可能なような世界であってほしいと願うのですが、人にできることは自分についてにつきるのでしょう。

 先ごろ、NHKのクローズアップ現代で若い女性の貧困がとりあげられていました。若い女性の多くが不正規労働で、仕事先も不安定、賃金が安く、労働時間も長い中で子育てをしたりしています。仕事と育児と経済的貧困などの中でぎりぎりの生活をしている人も多い。希望なんてない、夢もないという若い女性たちの言葉。彼らがこれから子どもを育て、社会の中心になる人たちであることを考えたとき、若い人たちの前に立ちはだかる壁の大きさ、彼女たちが背負っている課題の大きさに心がいたくなりました。人として成長していくことと社会の成長、特に経済的成長とはどんな関係にあるのでしょう。本来は別の問題だと思いますが、関係するとしたらどんなふうに関係するのか考えてみることが重要だと思いました。生きるために食べなければならない、そのことが自立や自己決定を阻んでいるということはないでしょうか。食べることができない、命を維持することが難しいという状況があればあるほど心を拘束する社会の支配の仕組みは強固になるのではないかと思うのですがどうでしょうか。

河合さんは「この本を大人がどうすればよいかという視点より、青年たちはいかに苦悩しているかという視点で書き進んだ。我が国の青年の直面している問題を共に考えていこうとするものである」といわれています。この本を読み終わって、若い人たちの一つ一つの出来事にこせこせしないでゆっくり、ゆとりのある気持ちでいたいと思いました。


大人になることのむずかしさを読んで。続 [読書]

大人ということはふつうにどこでも使っていることで、何もそれほど難しく考える必要なんてないともいえますが、一方では人として成熟するということはだれもが思い描くことであり、人がたった一人で生きる存在でない以上、人と人、社会、あるいは自然界との関わりの中に存在しているわけで意識するしないにかかわらず関係のつくり方の中に成長や成熟、赤ちゃんから子ども時代の保護から自立し、一人の個人として調和的円満な関係を作りつつ、社会の一員として何らかの役割をになうということがあるだろうと思います。保護の時代から自分に責任のもてる社会の成員として自立する過程にさまざまな困難や危険、つまずきが付きまとうわけで最悪の場合、再生に至らない死のケースまであります。

河合隼雄さんは心理療法家として多くの青年のそうした大人になろうとする過程で受ける自殺、ノイローゼ、家庭内暴力などにみられるような心身の深い傷からの立ち直りを援助することをしていらっしゃいました。

 河合さんは次のように書いていらっしゃいます。

 筆者(河合さん)の仕事の中核は、実のところ「見守る」ことにあると思っている。つまずきから立ち直る「良い方法」を筆者が教えてくれると思ったり、何か助言を与えてくれるものとして期待してやってこられるが、ある個人が本当に成長することは「その人なり」の道を自ら見出し、作り上げていくことであり、他人が軽々しく教えたりできるものではないのだ。したがって、その間、その人が苦しい道を進んでゆくのを見守ること以上にすることはないのである。といっても、このことがどれほど難しく、苦しいことだとわかっていただけるだろうか。見守るということはその人にできるだけの自由をゆるし、常に期待を失わずに傍らに居続けることだといえる。期待を持ち続けるためには、人間の可能性を信頼することを学ばねばならない。期待を寄せていくことは物事をよく見ていないとダメである。

 人が本当に成長することはその人なりの道を自ら見出し作りあげていくこといがいにないということ。他人が軽々しく教えたりできないということは厳しく心に響きますね。また人間の可能性を信頼することを学ぶということも決して簡単なことではないけれどとても大切なことなのだと思います。

 大人になるということの中に近代では進歩の概念がふくまれるようになったとあります。進歩とは何か、社会の進歩と個人の成長はどうちがうかということに問題があり鍵かと思います。進歩の意味について、それと近代以降に抱える人間の心の問題を考えてみたいと思います。


大人になることのむずかしさを読んで [読書]

河合隼雄さんの「大人になることのむずかしさ」岩波書店に初めてであったのは親として子育てに悩むことが多かったころです。ニ十年後の今改めて読み直してよりはっきりすることが多くありました。それと同時に大人になるということがどんなにむずかしいか、大人の意味についてもっと考えなければならないと思いました。

人は生きるうえでいろいろの課題にぶつかり、自分の課題を知ることを余儀なくされ、またそれを知ることがとても重要であることがあると思います。「大人になることのむずかしさ」に書かれたことは全く自分がぶつかってきたことだったと感じます。そして今もその課題は続いています。

「大人になることのむずかしさ」から深く印象に残ったことをいくつか拾ってみたいと思います。

古代社会と近代社会の違いと特徴

古代社会にあってはすべてのことは原初の時に起こったのであり、すでに出来上がっているもの、あとから生まれてくるものはその世界に入れてもらうのであり、こどもたちが大人になるためにはその世界に入る儀式としてイニシエーション儀礼が決定的な意味を持つ。イニシエーション儀礼を通過することで子どもは大人となる。その世界はできあった世界、閉ざされた世界で進歩の概念はない。

それに対し、近代社会以降社会の進歩という概念が持ち込まれ、自分自身も変化していかない限り社会から取り残されてしまう。社会の進歩は単純に示せるものではないので、個人が子どもと大人の境界においてどちらともつかない状態になることが多くなっているのは当然のことである。現在において個々人の大人になるためのイニシエーション儀礼とでもいうべきことが個人として生じている。ある種の死と再生の体験である。現代のイニシエーションの特徴として一回で終わらないことが多いことを知っていなくてはならない。一般的にはイニシエーション的状況が何回か繰り返されて大人になっていくと考えるのが妥当。

現代人の大人になるという課題のむずかしさを理解するうえでよく分かったように思います。

 この記事もう四回も、ない頭をひねりながら途中まで書きかけて記事が消えてしまいエネルギーが残っていません。掲載をやめろということなの?と少し怒っていますが誰に対して?自分にたいしてなんですよね。以下次回にします。


自然をとおくはなれて [読書]

  2013年、これまで生活していたのとはまるで違う展開を感じる年になりました。これまで経験しなかったような新しい時代がはじまっている印象です。今年の異常な気象、水害、原発の事故から始まった汚染水の流失の問題、国際的な問題、シリアやイラクを巡る緊張、アジアの問題の緊張。それは昔のままに、かって生活していたような暮ら方は通用しないよといわれているようでもあります。

 しかし私は自分があまりに遠く自然から離れているのを感じていました。もっと素朴に自然に暮らしたいと思っているのに、複雑に、自分が大切にしたいこと、生きることの原点、シンプルな羅針盤のようなものから離れて生きざるをえない、そんな日常を感じていました。そんなとき姜尚中さんの悩む力という本の中でこうした問題について考えているところに出会いました。

 唯脳論的世界という章で、十八世紀のカントのころまでの真、善、美とかかわる理想的な全人格的な知性のイメージが科学や合理化の進展とともに分裂を始め、次第に人々は科学の中に至高の客観性を見出していったこと、それによってかって世界に意味を与えていた伝統や俗信、宗教や形而上学は非科学的として、どんどん科学の世界から駆逐されていったことなどが説明されています。そして今という時代はどういう社会か。

 姜尚中さんはこんなふうに言っています。

 私たちの社会は、今すべての境界が抜け落ちたような状態になっていて、そこに膨大な情報が漂っている。人間の脳は際限なく、放置しておくと限りなく広がって、得手勝手にボーダーレスな世界を作り出している。 しかし、現実の肉体や感覚には限界があり、だから、反対に自分の世界を広げるのではなく、適度な形で限定していく。その場合でも、世界を閉じるのではなく、開きつつ、自分の身の丈にあわせてサイズを限定していく。そういうあり方があってもよいのではないか、わたしがまったく同じように感じたのはこの部分でした。

 身の丈に合う、自分の良心のようなものを生かせる調和ある限界を求めて行きたいと思います。


愛と愛好はちがう [読書]

 愛という言葉は結構広い意味でつかわれていて、ふつうにつかう好き、嫌いのような感情での愛情と好きや嫌いを超えた、関心とか相手を思うとかいう意味まであるように思います。自由の教育者ニイルは愛好と愛の違いを著作の中で愛は関心であるといっています。バスカリアの「愛するということ、愛されるということ』の中でも、本能に頼ることも深い愛に頼ることもできない、人間のかかわりについて研究に研究を重ねた技術が必要であると書かれた箇所をみつけました。
 愛好と愛の意味をもっと分けて考えてみることも大切なのではないかと思います。
 愛は存在するものへの関心、事実の直視であり、受容かもと思います。一方で、誰でも好悪や良し悪しとか美醜とかの選択をしているから、区分けや選別をしていることは避けられない。
 愛好の本能や深い愛をこえて、事実の直視、fifty、fifty の存在への愛、救いまでどうつなげるのか、政治にも個人にもこれからの課題なのかもと思いました。


今年最初に読んだ本 [読書]


 今年最初に読んだ本。何年か前、本屋で見つけた本です。
 書名は「愛するということ、愛されるということ」(レオ・バスカリア著、草柳大蔵訳)
 読み進むうちに思い惑う気持ちに筋道や勇気さえ与えてくれる本だと思いました。
 
 その本のなかから
 ーーー地球にいる人間が月にいる人間と話ができるような通信システムが開発された。それなのに母親は娘と語り合うことが出来ない。父親は息子と、黒人は白人と、そして労働者は経営者と語り合うことができない。

 著者は人と関わることがますます下手になっている現代人に愛や人間関係はなるようにしかならないのではなく、研究に研究をかさねてあみだされた高度な技術が必要だといいます。 
 ーーー人を愛するのはたやすいことではなく、泳ぎ方を知らずに海に飛び込むことをしないと同じように、人との関わりや愛においても高度な技術が必要である。

 ここで言う技術は手練手管のことではもちろんありません。
 ーーー孤独から抜け出し、たがいに愛しあうことが出来るかどうかは、ひとえに自分自身にかかっている。
 ーーー本能や深い愛に頼ることはできない。人間関係とはどういうものかを真剣に考えることいがいに方法はない。

 この言葉、とても考えさせられました。
 私にとっての課題。そんなことを考えさせてくれた本です。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。