So-net無料ブログ作成

一枚の写真 [日々のくらしから 家族、社会、自問]

 はじめてみる写真だった。死んだ妹を背中に背負い紐でしっかり負ぶった少年の写真。この写真は先日、NHKの「封印が解かれた写真がかたるNAGASAKI]で公開された映像である。衝撃的な写真だ。これからずっと忘れられない写真だろう。そして忘れてはならない写真だと思った。
 米軍の報道カメラマンが被爆後の長崎を軍の命令で撮影するため長崎に入り、そこで目にしたものである。原爆がもたらした残酷な姿をアメリカは公表しなかった。この写真も撮影者の苦悩と共に長く、屋根裏部屋に封印されていたものだった。
 この5,6歳と思われる少年は広島、長崎にたくさんいたろうと思われる同じような少年というだけでなく、現在も世界のあちこちにいる一部の子どもの姿でもあり、将来の子を背負う母、兄弟の姿かもしれない。核兵器は何時発射されてもいいように保管されている。
 核の脅威にさらされているいま、この写真の少年のような運命がどこの国、土地であれこれから生まれたら、わたしたちは生きていくことができない。核兵器は人間と地球にとって悪魔の兵器、困難があってもすべて廃棄する事を真剣にかんがえなければならないと思った。
 今日は長崎に原爆が投下された日である。
nice!(14)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 11

侘び助

たしか事切れている妹さんを背負う幼い兄
こんな悲劇は2度と起こしてはいけないと思いますが
最近の世相 平和なのに血も凍る事件が多すぎる。
by 侘び助 (2008-08-09 16:41) 

タックン

本当に 忘れてはいけない事ですね。
by タックン (2008-08-09 22:19) 

小坊主つばめ

理屈抜きにそう思います。
by 小坊主つばめ (2008-08-10 01:44) 

kantaro

戦争なんて、2度と絶対にあってはならないって思います。
by kantaro (2008-08-10 22:08) 

風船かずら

侘び助さま、世相とても気になるところですね。簡単じゃない。切ないけれど。侘び助さんも元気をだしてください。わたしも元気を養おうと思っています。

krauseさま、恵さま、ナイスありがとうございます。

タックンさま、小坊主つばめさま、kantaroさま、ナイスコメントありがとうございます。平和は何より大切でめざすことのひとつと思っています。

cheeさま、夢空さま、ナイスありがとうございます。









by 風船かずら (2008-08-11 09:19) 

akarinotane

長崎出身の私。
今実家で面倒見てもらっている子供達にも
11時2分のサイレンはきっと聞こえたはず。
戦争の悲惨さを、悲しみを、忘れないための
サイレン。
子供達は何かを感じてくれただろうか。

by akarinotane (2008-08-12 17:07) 

風船かずら

もとこさん、ナイスをありがとうございます。 
by 風船かずら (2008-08-14 06:58) 

風船かずら

 akarinotane様、ナイスコメントありがとうございます。
by 風船かずら (2008-08-14 07:07) 

風船かずら

もとこさん、くらいふさま、ナイスをありがとうございます。
by 風船かずら (2008-08-16 09:34) 

琉那

こんにちは♪
たしかその写真、
以前長崎であったいわさきちひろさんの展覧会で
拝見したような気がします。
子どもが戦争にさらされる恐ろしさを、
感じました。
大人も子どもも、伝え続けたいことですね。
by 琉那 (2008-08-21 14:01) 

風船かずら

琉那さん、ナイス、コメントありがとうございます。いわさきちひろさんの美術館をみたことがあります。もう、随分昔ですが。どうしたら世界から悲惨な戦争がなくなり、緑豊かな平和な地球になるのか、なぜ戦争になるのか、なぜ憎しみと怨嗟が続くのか、また、個人にできることをさがすのもむずかしいですね。でもあきらめてはいけないことと思っています。
by 風船かずら (2008-08-23 09:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。