So-net無料ブログ作成

今年最初に読んだ本 [読書]


 今年最初に読んだ本。何年か前、本屋で見つけた本です。
 書名は「愛するということ、愛されるということ」(レオ・バスカリア著、草柳大蔵訳)
 読み進むうちに思い惑う気持ちに筋道や勇気さえ与えてくれる本だと思いました。
 
 その本のなかから
 ーーー地球にいる人間が月にいる人間と話ができるような通信システムが開発された。それなのに母親は娘と語り合うことが出来ない。父親は息子と、黒人は白人と、そして労働者は経営者と語り合うことができない。

 著者は人と関わることがますます下手になっている現代人に愛や人間関係はなるようにしかならないのではなく、研究に研究をかさねてあみだされた高度な技術が必要だといいます。 
 ーーー人を愛するのはたやすいことではなく、泳ぎ方を知らずに海に飛び込むことをしないと同じように、人との関わりや愛においても高度な技術が必要である。

 ここで言う技術は手練手管のことではもちろんありません。
 ーーー孤独から抜け出し、たがいに愛しあうことが出来るかどうかは、ひとえに自分自身にかかっている。
 ーーー本能や深い愛に頼ることはできない。人間関係とはどういうものかを真剣に考えることいがいに方法はない。

 この言葉、とても考えさせられました。
 私にとっての課題。そんなことを考えさせてくれた本です。 


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 7

風船かずら

jはっこう様、はじめまして、ナイスをありがとうございます。
by 風船かずら (2008-01-06 14:42) 

風船かずら

侘び助さま、ナイスをありがとうございます。
by 風船かずら (2008-01-06 14:43) 

金持ち母さん

コメントありがとうございました!

素晴らしい本ですね!
ぜひ読んでみたいです。
by 金持ち母さん (2008-01-06 15:34) 

小坊主つばめ

科学の進歩と身近なシアワセ・・。
つながりと孤独・・。
平成20年の僕らにとって、今、一番大事なことですね・・。
by 小坊主つばめ (2008-01-06 20:46) 

風船かずら

金持ち母さんさま。コメントをありがとうございます。これからもよろしく。
by 風船かずら (2008-01-08 09:14) 

風船かずら

小坊主つばめ様、生活の中から、いろいろ考えたい、今年もよろしくお願いいたします。お釈迦様の教え、これからも伝えてください。
by 風船かずら (2008-01-08 09:17) 

風船かずら

夢空さま、ナイスをありがとうございます。
by 風船かずら (2008-01-08 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。